傷病手当金 ④いくらもらえるの?いつまでもらえるの?

前回まで、傷病手当金(健康保険の休業補償)②”超重要” 2週間で振り込みになる たった4つのポイント! 傷病手当金(健康保険の休業補償制度)③実際に申請書を書いてみよう をご覧になっていただいた方は、1回目の傷病手当金の申請は済みました。

そこで、いくつか疑問が出てきます。いくら支給されるの?いつまで支給されるの?などなど…

今回は、その疑問にお答えしたいと思います。

Q1.傷病手当金はいくらもらえるの?

A.1日当たりの金額×支給日数 です。

1日当たりの金額とは?…支給開始日の以前12ヵ月間の各標準報酬月額を平均した額÷30日×2/3です。

ただし、健康保険の被保険者期間が1年未満の場合は、下記❶と❷の少ないほうの額÷30日×2/3です。
❶支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額標準報酬月額の平均額
❷30万円(これは加入者の標準報酬月額の平均額です)

※こんな決まりがあるのは、入社したばかりの社員が社長とグルになって高額の標準報酬月額にして、入社後すぐに傷病手当金を受給しようとする、詐欺まがいの者がいるからのようです。なので、入社後すぐ、本当に傷病手当金の対象者になった場合は、追加で雇用契約書のコピーを添付しなければならない場合があります。

※なお、傷病手当金の申請期間の初日の属する月までの12ヵ月間に、勤務先が変更した場合・定年再雇用等で被保険者証の番号が変わった場合、または退職後に任意継続被保険者になった場合は、こちらの添付書類を提出することにより、12か月以上健康保険の被保険者扱いになる場合があります。

Q2.いつまで支給されるの

A.最長、傷病手当金の支給開始日から1年6ヵ月間です。これは、その間 毎日支給されるということではなく、支給要件に該当している日で、最長 傷病手当金の支給開始日から1年6ヵ月間です。

支給要件

  1. 業務外の事由による病気やけがの療養で休業である
  2. 仕事に就くことができない
  3. 連続して3日以上休んでいる
  4. 給料の支払いがない

※くわしくは 傷病手当金-しょうびょう手当金(健康保険の休業補償制度)①受給できる要件とは をご覧ください。

Q3.傷病手当金の支給要件を満たしたまま、1年6か月以内に退職したらどうなるの?

A.下記①かつ②の要件が満たされている場合、退職後の傷病手当金を受給できます。

①退職日までに継続して1年以上健康保険の被保険者期間があること(任意継続被保険者は除く)

②資格喪失時に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること。(退職日に出勤した場合を除く)

・注意点 退職後、業務に就いたり、医師の証明がもらえない期間があると、たとえ1年6ヵ月過ぎていなくても、その時点で支給終了になります。

※ポイント:傷病手当金の支給期間が1年6ヵ月経過していなく、健康保険の被保険者期間が1年未満の場合は、長期欠勤扱いでもよいので、なんとか健康保険の被保険者期間を1年以上経過してから退職することにより、退職後の傷病手当金が受給できるようになります。退職後の生活設計を考えてから退職届を提出しましょう。


 

 

 

まだまだQ&Aを追加していく予定です。

それでは…