傷病手当金(健康保険の休業補償制度)③実際に申請書を書いてみよう

※傷病手当金の受給要件についてご不明の場合は、傷病手当金-しょうびょう手当金(健康保険の休業補償制度)①受給できる要件とはをご覧ください。

※ご自身がどこの健康保険に入っているのかわからない場合は、ご自身の保険証を確認すれば書いてあります。それでもわからない場合は、そもそも保険証に種類はあるの? 自分の保険証を確認しようをご覧ください。

※傷病手当金をなるべく早く受給できるポイントを知りたい方は、傷病手当金(健康保険の休業補償)②”超重要” 2週間で振り込みになる たった4つのポイント!を先にご覧ください。

傷病手当金の申請書は、全部で4ページあります

傷病手当金の申請書は、全部で4ページあります

  1. 被保険者記入欄(振込口座を記入)
  2. 被保険者記入欄(申請内容・確認事項欄)
  3. 事業主記入欄
  4. 療養担当者記入欄

今回は、給料〆日が毎月20日の会社で、7月5日から休み、8月以降も休み続けているケースの例をあげてご説明いたします。

1.被保険者記入欄(振込口座 等)

①被保険者情報欄

被保険者証の記号-番号は、保険証に書いてあります。

生年月日、氏名、住所をていねいに記入します。

②振込先指定口座欄

被保険者の銀行口座を記入します。預金種別や口座番号を間違えないよう気をつけましょう。

ゆうちょ銀行の場合は、口座番号はわかりにくいですが、ご自身の通帳に書いてありますので確認してください。ゆうちょ銀行のホームページURLも載せておきます。

 

③受取代理人の欄

お勤めしている被保険者以外(例,配偶者や会社の社長)の口座を指定する場合は、被保険者と代理人(口座名義人)の署名捺印が必要です。

配偶者ならまだしも、社長の口座というのはお勧めできません。なぜなら、ご自身に現金が届くのが遅くなるからです。

よくあるのは、給与天引きの厚生年金や健康保険料が1か月間無給のため天引き出来ず、会社に支払わなければならないケースです。会社側はその額だけ、後から被保険者より回収すればよいのに、社長の口座を指定するよう言ってくるのです。天引き額以上を社長の口座に振り込むのはおかしな話です。交渉しましょう。給料を前借しているなら仕方ありませんが、、、

2.被保険者記入欄(申請内容・確認事項欄)

①申請内容欄

上から順番にもれなく記入します。

特に重要なのが、4⃣療養のために休んだ期間(申請期間)です。

今回は、給料〆日が毎月20日の会社で、7月5日から休み、8月以降も休み続けているケースの例をあげてご説明しておりますので、申請期間は7月5日~7月20日にします。

申請期間の終期を給料の〆日に合わせることにより、タイムラグが無く、早く振り込まれます。

くわしくは、傷病手当金(健康保険の休業補償)②”超重要” 2週間で振り込みになる たった4つのポイント!をご覧ください。

 

②確認事項

上から順番にていねいに記入してくださいね

この中で特に重要なのは、2⃣と3⃣の年金が該当する方です。

傷病手当金も年金も一種の生活保障です。そのため両方は受給できません。仮に傷病手当金が支給された後に障害年金が支給されてしまうことがありますが、後から協会けんぽより、「年金をもらったのであれば傷病手当金を差額(1日当たりの支給額の差額×支給日数分)返すように」と返納を求められることが多いです。もし該当しそうだったら、協会けんぽに電話してみてください。後でがっかりしないためにも。


 

3.事業主記入欄

事業主記入欄で重要なことは2つ

①証明期間

給料の〆日の翌日~給料の〆日 の一か月間にすること。たとえ、その月の前半に仕事ができ、給料を支給されていたとしても、一か月間のすべてを記入してもらいましょう。

②支給する賃金日額

まず、1か月あたりの単価を記入し、次に該当の1か月間の支給額を記入します。

ここで注意点は交通費などが支給されている場合、その額が勤務日数分だけなのか、休んだ日も含め1か月分支給されたのかを協会けんぽ担当者にわかるように「賃金計算方法(欠勤控除計算方法)についてご記入ください」の部分に詳しく記入してもらうようにしましょう。ちゃんと記入されていないと書類が戻ってきたり、一部支給されなかったりするかもしれません。

療養担当者意見欄

①労務不能の確認

お医者さんに、もれなく記入していただきましょう。

注意箇所:労務不能と認めた期間、証明日が労務不能と認めた期間の終期以降の日にちになっていること、医療機関の所在地・名称・医師のフルネーム・印があること

不明点がある場合は、協会けんぽに電話して確実に記入してから申請書を送付しましょう

申請書を記入していて不明点があった場合は、自分で判断せず、協会けんぽに確認の電話をし、確実に記入してから郵送しましょう。

 

 

いかがでしょうか。記入箇所が多く、面倒ですが、上から順番に確実に記入し、申請から2週間で振り込んでもらいましょう。

※次回は、傷病手当金 ④いくらもらえるの?いつまでもらえるの?についてです。ご覧ください。