社会保険の任意継続の概要【協会けんぽ編】

会社を退職する!と決意、退職願を提出。そして退職が決定。

いざ退職が決まると、いろいろと考えること・することがある。

有給消化・雇用保険・求職活動・これからの生活設計…

そこで忘れてはならないのが、健康保険

退職と同時に健康保険は喪失する…

健康保険証は会社に返納しなければならない。

新しい保険証が届くまで 使ってて良いなんてことは無い。

では、退職後の健康保険証はどうすればいいの?

基本的に自分で申し込みをしなければならない。

自動的に自宅に健康保険証が届くわけではないのだ…

 

 

以前の記事 『退職後の健康保険はどうすればいいの? 選択肢は3つあります』 で、退職後の健康保険は、

  1. 家族の社会保険の扶養に入る
  2. 市区町村の国民健康保険
  3. 社会保険の任意継続保険

の3つから選びます。とお伝えしました。

 

今回は、その中の 『社会保険の任意継続保険(協会けんぽ)』について説明いたします。

 

 

 

もくじ

  • 健康保険の任意継続の概要
  • 加入要件と申込先
  • 加入期間
  • 保険料
  • 保険給付

 

 

 

社会保険の任意継続の概要(協会けんぽ編)

↑↑↑上記の保険(協会けんぽ)の被保険者が会社を退職した場合、ご自身で任意継続保険を申し込とにより、新しい保険証が発行され、任意継続保険がスタートします。

(今まで使っていた保険証は退職日までにその会社に返却します)

※基本的には自分で申し込みます。待っていても誰もやってくれません。

(親切な会社は、申し込みを手伝ってくれるかもしれませんが、期待しちゃダメです)

 

※大手企業などの健康保険組合の方は、協会けんぽ ではなく、お持ちの保険証に記載されている、健康保険組合に申し込みます。その場合、申し込み用紙も異なります。ご自身で健康保険組合に連絡し申し込んでください。

※保険証の種類については、「そもそも保険証に種類はあるの? 自分の保険証を確認しよう」 をご覧ください。

 

加入要件と申込先

・退職日(資格喪失日の前日)までに「継続して2ヶ月以上の被保険者期間」がある者。

・退職日の翌日(資格喪失日)から20日以内(必着)に、お住いの協会けんぽ 都道府県支部 に郵送等で申し込む。

・申込用紙は「任意継続被保険者資格取得申出書」を使用する。

※必ずしも、住民票の住所地である必要は無い。 例)退職し、実家に戻るつもりだが、まだ住所変更が済んでいない。など…

 

加入期間

任意継続被保険者になった日から2年間

  • 保険料未納だと資格が喪失します。
  • 再就職し、その会社の健康保険に加入すると任意継続は資格喪失します。(手続き必要)
  • 2年以内に75歳になると後期高齢者医療制度に移行します(手続き必要)
  • 死亡を除き、その他の理由では任意継続をやめることはできません。(結婚が決まったので夫の扶養に入る、息子の扶養に入る、途中から国民健康保険に移る、など)

 

保険料

・退職前に控除された健康保険料を2倍にした額 / 月

※上限設定があります。

  • 40~64歳の方(介護保険料含む)…上限 約36,000円程度
  • 40歳未満 or 65歳以上の方 (介護保険料なし)…上限 約30,000円程度

協会けんぽ 保険料率表は コチラ  

 

●基本的に加入している間の2年間は保険料が大きく変動いたしません。

(つまり、退職して収入が少なくなっても、保険料が安くならないということです)

●お住いの都道府県により、多少保険料が異なります。くわしくは 各都道府県の協会けんぽ にお問い合わせください。

 

保険給付

・原則として、在職中の被保険者が受けられる保険給付と同様の給付を受けることができますが、傷病手当金・出産手当金は、任意継続被保険者には支給されません。(在籍中の傷病手当金・出産手当金 の継続給付は、要件がそろっていれば受給できます)

・一部負担金(病院の自己負担のこと) 3割

※70~75歳未満の方(高齢受給者)は、標準報酬月額により2~3割

 

まとめ

いかがだったでしょうか

今回は、任意継続保険の概要をまとめました。

次回は、具合的な申し込み方法、 誰も教えてくれない、とにかく早く  任意継続保険の保険証を入手する方法をお伝えします。

それではまた!